TOP>よくある質問

よくある質問

ショールームはありますか?

常時オープンの電位治療器ショールームを構えています。パワーヘルス、ヘルストロン、リブマックス、コスモドクター、エナジートロン、ドクタートロン、サンメディオン、リカバロン等各機種100台以上の電位治療器を用意していますので、いつでもお越し下さい。

商品は本物?改造等していませんか?

はい、全て本物です。当社では素性のわからない商品は、一切買い取り・販売致しておりません。もちろん、改造等も一切致しておりません。ご安心下さい。

電位治療器って色々あるけれど、違いは何?

各社で電圧の差はありますが、中身そのものの違いはありません。違いと言えば、電子の対比率の違いになり、それを売りにしている会社がほとんどです。

+50:−50
ヘルストロン、リブマックス、コスモドクター、シェンペクスetc

+25:−75
パワーヘルス、ドクタートロン、エナジートロン、ゴールドトロンetc

+20:−80
リカバロン、サンメディオン、ドリーム14000etc

その他、温熱治療、電子ペン(局所治療)、間欠通電等、付属治療に若干の違いがあります。

商品が思っていたイメージと違う場合、返品は可能?

納品後7日以内であれば返品を受け付けています。返品される前に必ずご連絡下さい。
尚、送料はお客様のご都合に因るものですので、ご負担をお願いいたします。

なぜ中古品が出てくるのですか?

電位治療器を手放される方の理由は各々まちまちですが、その価値が分からないまま知人が勧めるので何となく買ったけれど、やっぱり使わないので・・・。という方が多くいらっしゃいます。

他にも、

  • 最初は低いボルトの電位治療器を購入したけれど、新製品(より高いボルト数)に買い替えた。
  • 契約したがローンが通らなかった。
  • 家の引っ越しで部屋が狭くなり、電位治療器を置く場所がなくなった。
  • 持病がなくなり、いらなくなった。
  • 電位治療器を医師に止められた。

中には、流行のものにはすぐ手を出すけれど、殆ど使わないという方もいらっしゃいます。
ただ、一般的には、リサイクルは「売る」より「買う」方が難しいのです。
全国で何十万台もある物の中で、私どもの買えた商品はそのうちのほんの一部なのです。

電位治療器を使用してはいけない人は?

次のような疾患・症状の方は、パワーヘルス等の電位治療器はご使用できません。ご注意下さい。

1)ペースメーカー等の体内埋込型医用電子機器を使用している方
2)人工心肺等の生命維持用医用電子機器を使用している方
3)心電計等の装置型の医用電子機器を使用している方
4)発熱性・出血性疾患の患者
5)癌末期・妊娠中毒症等の体力が極度に弱まっている方、その他、重篤と思われる疾患、症状の方

その他、何か病気等により通院されている方は、まず医師にご相談下さい。

電位が高いと何がいいの?

パワーヘルスから出る高電位のいい所は、体の隅々まできっちりと通電が可能な上、短時間のご使用で充分な効果が得られる所です。
ただ、慣れないうちから高電位で長時間かかられると、人によっては、眠気、倦怠感、軽い痛み等を伴う場合がありますのでご注意下さい。
このような症状が出た場合は、通電時間や電位などを変えて調整し、ご使用下さい。
決して、長く高い電位でかかれば良いという訳ではありません。むしろ、日に数回、短時間でも毎日きっちり当たっていただいた方が体に良いのです。

電位治療器って故障しやすい?

各電位治療器メーカーの商品、その機器の使用電力は4〜5ワットしかありませんので、故障はほとんどありません。ちなみに、体験会場ではパワーヘルスなどの電位治療器は30〜40年の耐久年数があると宣伝していますが、大げさではないと思います。
万が一故障した場合でも、当店では10年間の無料保証書(※一部7年保証)を発行しておりますので、ご安心下さい。
昨年、当社では約1000台の販売実績がありますが、故障したというクレームは1%以下でした。この丈夫さも、人気の理由なのかもしれません。

電位治療器とマッサージ器はどう違うの?

パワーヘルス等の電位治療器は健康に寄与する点と、気軽に使用できるという意味では健康機器ですが、基本的には医療機器とお考え頂いた方が良いと思います。例えば、マッサージ器のような健康器具は使用すると気持ち良いですが、「治療する」という点においては効果は弱いものと思います。パワーヘルス等の電位治療器は、病院や整骨院にも設置されているように、決して気持ち良いというその場での実感はありませんが、きちんと効果効能が認められている機器です。
厚生労働省で認可を受けている効能は「肩こり、腰痛、便秘、不眠」等です。

操作は簡単ですか?

各社とも商品(パワーヘルス等)の操作は簡単です。
まず、電源を入れ、電圧(V)・時間を設定して頂ければ、だいたいの機械で通電出来ます。
中には波型値やプログラム等を選択したり、リモコンで操作するものもあります。取扱説明書も付属しておりますので、ご安心下さい。

ページ先頭へ